がん保険の待機期間

がん保険に加入するときに注意して欲しいのが「待機期間」です。

医療保険では、契約して加入が決まった時点から保障がされることになっていますが、がん保険の場合は、すぐには開始されないのです。
がん保険は加入してから3ヵ月という待機期間があり、その間は保障を受けることができません。この待機期間が過ぎてから保障が開始されるのです。

また、がんに特化した保険だけではなく、医療保険に特約としてがん保険をつけている場合でも同じ対応になっていますので、注意してください。
どうしてこのような期間が設けられているのか、それは加入した時点でがんになっているかということがわからないからです。

個々の健康状態の告知は自分自身で行います。そこで何らかの自覚症状がなければ、万が一がんになっていたとしても分からないのです。

がん保険はがんになってからでは、加入することはできないものになっています。この待機期間の3ヶ月という期間を様子みという期間にして、加入者の状態を判断していくことになります。
急いで加入した方が良い、そういったことではありませんし時間をかけすぎる検討も考え物です。
検討しすぎて3ヶ月の間にがんと診断されてしまえば加入はできなくなります。