がん保険の特約

がん保険の特約

数あるがん保険の中で、最初からがんの治療に必要な給付金が多く組み込まれているもの、反対に基本的な保障のみから特約としていろいろ必要な保障を付け足していく形をとっているものがあります。
確かに特約として個々に必要だと思う保障を付けていくのも良いのですが、特約を付け足していくと結果的には支払う保険料が高くなっていきます。

良心的な保険会社では、一つのがん保険の中に、上皮新生物や悪性新生物に対しても同じ用に給付金が出されるものにしてあったり、給付金の受け取りに上限がなかったりするものです。

もちろん、そのように多くの保障が組み込まれていることで、多少保険料は高くなりますが何万も高くなるといったわけではなく数千円くらいです。でしたら最初から組み込まれているがん保険に加入した方がより良いと考えます。

特約をいくつもつけたしていく形は、あまりよいがん保険とは言えません。
保険会社からの提案をふまえたうえで、自分が欲しい保障がほとんど特約と言う形になっていたら、少し考えた方が良いということなのです。

また、特約をつけなければ保障がないという保険は論外だと考えた方がいいですね。
がんと診断されたときの備えとしてのがん保険ですので、しっかり考えて加入するようにしましょう。

お知らせ